仙台市地下鉄の運転席

仙台市地下鉄南北線1000系、1000N系の運転席は
国産車同様、右側にあります。
これは、全国でもちょっと珍しいスタイル。
列車の運転席は通常、左側に配置されることが多いのですが
仙台市地下鉄は開業当時からワンマン運転で
全駅ホームが車両の右側面に統一して設置されたため
運転席が右側にあると、後方確認などもしやすいそうです。
(ちなみに、2015年度開業予定の
 東西線2000系の運転席も右側に設置されます)
IMG_2883.jpeg

では、この運転室の中から見える風景とは?
業務中の運転室内にカメラとマイクを設置し
その展望を収録したDVD が「杜の爽風!仙台市地下鉄1000N系」。
仙台市地下鉄南北線の開業25周年を記念して作られた限定盤です。
IMG_3832.jpeg

購入し試聴してみました。
富沢〜長町南の地上部分の景色はある程度想像できましたが
地下鉄ならではの普段見られないトンネル内部の様子は、なかなか新鮮。
意外とカーブが多かったり、起伏があったり
乗務員さんの確認の声やアナウンス、
車内放送広告の音声まで入っていたりして、新しい発見もありました。
1000系、1000N系車両についての詳しい解説付きです。
IMG_3834.jpeg

全105分、税込2500円。
詳細はこちら→仙台市交通局

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちかてつさんぽ

Author:ちかてつさんぽ
仙台市地下鉄情報紙『ちかてつさんぽ』は、隔月末発行のフリーペーパーです。沿線のショップ・グルメ・イベント情報はもちろん、地下鉄に関する話題も満載。案内役のNOTTE(ノッテ)と一緒に、仙台市地下鉄の魅力を探ってみてください。

ちかてつさんぽ
媒体スペック
●A4変形版カラー24ページ
●隔月発行(奇数月末日発行)
●30,000部
●無料配布
●配布場所…仙台市地下鉄全17駅、せんだいメディアテーク、仙台市総合観光案内所(JR仙台駅2F)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1075位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
130位
アクセスランキングを見る>>
お知らせ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
ちかてつさんぽバナー
アクセス数