ようこそ仙台へ

「仙台七夕まつり」に先駆けて、
県外からの沢山のお客さまをお迎えすべく
盛り上がっている仙台市内です。
来週から始まるのが “総文祭
「全国高等学校総合文化祭」
みやぎ総文
「文化部のインターハイ」とも呼ばれる全国規模の一大イベント。
総合開会式が7月31日に通り沿いの「仙台サンプラザホール」で、
またパレードも行われる宮城野通↓にはフラッグが掲げられていました。
宮城野通
仙台市内の会場は他に、仙台国際センターや宮城県美術館、
仙台銀行ホールイズミティ21、東京エレクトロンホール、
日立システムズホールなど地下鉄沿線に集中しています。
折しも来週7月31日は「ちかてつさんぽ」の発行日。
地下鉄駅お立ち寄りの際はぜひ、構内のラックで配布している
「ちかてつさんぽ」を仙台の街歩きのおともにご活用ください。
ちかさんブログ用
南東北総体「全国高等学校総合体育大会」(=インターハイ)も開幕しました。
高校生の皆さんが練習の成果を十分に発揮し
けがなく健闘できるように、心よりお祈りします!
スポンサーサイト

あすから2日間「東北絆まつり」です

仙台市中心部は混雑が予想されますので、
お出掛けの際は地下鉄など公共交通機関をご利用ください。
6月11日は南北線・東西線とも増便し
臨時ダイヤで運行するそうです。
パレードに合わせ、市営バスは運行経路を変更するほか
勾当台公園駅や広瀬通駅でー部の出入口の封鎖や一方通行規制も行うとのこと。
詳細は→仙台市交通局HP
ブログ用表紙

お出掛けの際は「ちかてつさんぽ」もよろしくお願いします!

荒井車両基地を探検

ようやく梅雨明けした今日、
荒井車両基地で初めての親子探検ツアーが開かれました。
00.jpeg

「親子探検ツアー」は夏休みの恒例イベントですが
今年は「バス・地下鉄 親子探検ツアー」と銘打ち
7月27日の南北線を皮切りに東西線とバス
それぞれ午前・午後の延べ6回が行われています。
中でも「東西線探検」は今回が初開催。
東西線の保守作業などが行われている荒井車両基地の中を
小学生の皆さんと“探検”しました。

01_201607291908237da.jpeg
こちら↑は4年ごとに行われる「重要部検査」の現場。
車体と台車を切り離して
各部が正しく機能するか調べ、部品交換などを行います。
1年間に数編成しか作業できないため
4年後までに15ある編成を全て検査し終えるべく
開業して1年も経たない今のうちから
少しずつ進めるのだそうです。

03_2016072919083696e.jpeg
「15ある編成」といえば、こちら↑
01〜15の番号が振られた東西線の編成の15番目、
いわゆる「15編成」先頭車両前と運転席で撮影会も行われました。
※「編成」とは先頭車両から最後尾までつながった列車1本のことです

さて、この15編成、ほかの14の東西線の編成とどこが違うでしょう?
東西線のほかの先頭車両と見比べれば、わかるでしょうか。
伊達政宗のかぶとの前立てがモチーフになっている
三日月の「色」がヒント。↓こちらは「13編成」
04_20160729190845cfd.jpeg
05_201607291908523dd.jpeg
↑こちらは「01編成」。
車両の4桁の数字を見ると、編成が分かります。
4桁の数字の左端の「2」は東西線を示しています
(南北線は「1」になっています)。
パンタグラフが外れた状態の東西線を見下ろすのも新鮮ですね。

そして、親子探検ツアーの醍醐味といえば
毎年趣向を凝らした「体験企画」。
職員さんに教えてもらいながらの作業車の運転も。
06_20160729190904e41.jpeg

どこかで見たことのある“よごれ”の象徴キャラクターが
みるみるきれいに…
(キャラクターは職員さんが砂で描いています)
07_20160729190912324.jpeg
08_20160729190920cce.jpeg
レールを掃除する作業車の仕事も体験できました。
09.jpeg

こちらはフォークリフト。
10.jpeg
よく見ると東西線仕様のデザインになっています。
11.jpeg
12.jpeg

来年もお楽しみに!

3月26日からicscaとSuicaの相互利用が始まります

icscaとSuicaの相互利用の詳細はこちら→仙台市交通局HP

この機会に乗車券のことを知っておこうと
「地下鉄博物館」(東京都江戸川区)で開催されている
特別展「東京の地下鉄における乗車券の変遷展」を見学してきました。
手売りから磁気式、プリペードカード式などへの変遷、
交通ICカードの相互利用までわかりやすく解説されていました。
DSC_3086.jpeg

個人的に興味深かったのが
運賃の「均一制」と「駅間制」「区間制」について。
開業当時の地下鉄は均一料金で
改札機に直接運賃を投入して乗車するシステムでしたが
1931年に普通乗車券が導入されて駅間制に。
それが1944年により簡略化した区間制に変更、
戦争の影響で人手や資源が不足して均一制に戻ったりしつつ
やがて路線の広がりとともに運賃制度も多様化していったのだとか。

ちなみに仙台市地下鉄は全国でも珍しい「区間制」。
乗車券に駅名は印刷されず、
購入した当日、同じ区間内であれば、
どこから乗ってどこで降りても同一料金です。
乗車券を購入した以外の駅からも乗降できるため
行きがけにあらかじめ2枚購入しておけば
帰りの乗車券も確保できます。
卒業式や入学式、スポーツの試合、イベントなどで
駅の混雑が予想されるとき、便利ですよ!

「東京の地下鉄における乗車券の変遷展」は4月17日まで。
常設展の展示も面白い。
親子連れで来ている方が多いようでした。

エスカレーターの利用は2列で!

今朝、地下鉄仙台駅で行われた
「快適乗車マナーアップキャンペーン」。
仙台市交通局と日本エレベーター協会の皆さんが
ティッシュと蛍光ペンを配って
エレベーターとエスカレーターの
安全な利用を呼び掛けました。
IMG_9780.jpeg

今回、特に重点的にPRしていたのが
エスカレーターのマナー

IMG_9767.jpeg

地下鉄のエスカレーターを利用するとき
歩いたり走ったりして移動していませんか?
本人はもちろん、
他の人にけがをさせてしまう危険があります。

エスカレーターは
2列で
手すりにつかまって
ステップに立ち止まって利用する

のがマナー。
「急いでいる人のために片側を空ける」という
誤解もあるようです。
再確認して、安全に快適に駅や地下鉄を利用したいですね。
プロフィール

ちかてつさんぽ

Author:ちかてつさんぽ
仙台市地下鉄情報紙『ちかてつさんぽ』は、隔月末発行のフリーペーパーです。沿線のショップ・グルメ・イベント情報はもちろん、地下鉄に関する話題も満載。案内役のNOTTE(ノッテ)と一緒に、仙台市地下鉄の魅力を探ってみてください。

ちかてつさんぽ
媒体スペック
●A4変形版カラー24ページ
●隔月発行(奇数月末日発行)
●30,000部
●無料配布
●配布場所…仙台市地下鉄全17駅、せんだいメディアテーク、仙台市総合観光案内所(JR仙台駅2F)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
149位
アクセスランキングを見る>>
お知らせ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
ちかてつさんぽバナー
アクセス数